Translate

2017年6月23日金曜日

それこそが大切な事

 
 数日前に お掃除を おさぼりした日がありました。そして時々、お掃除したくない時もあります。朝のお掃除が とっても気持ちよい日もあれば したくない日も まれにあります。したくない日に お掃除をやりましたら 一応はやり遂げた達成感はあるのですが、なにか欠けている感じが わずかに残ります。手を抜きながらやったお掃除は 結果的には きれいになっているのですが なにかもう一つ しっくりきません。そんな経験もありまして、今朝は だらだらやるのではなく、しっかりと 初心に帰ってやろうと思い、そんな気持ちでおトイレ掃除にいどみました。
 
正直、週末の朝は しんどいです。さぼりたいです。でも しっかりしたお掃除をした後は きっとその日一日が 良い感じになるだろうと そんな思いの中で おトイレ掃除を 「ごしごし・・ごしごし・・・。」がんばります。ほんの15分の間ですが、がんばって 良いお掃除時間にしたくて きれいにいたしました。お掃除をやる態度は だらだら掃除であれ しっかり掃除であれ やったという結果は良く似ていますが、自分自身の中の気持ちの中が 正直に 答えてくれます。
自分自身に正直に、「ちゃんとお掃除できましたか??」と 尋ねてみますと おのずと答えが聞こえて来るようです。自分自身で 感じることが出来ます。
「仏を作って 魂入れず。」という言葉を 思い出しました。いくら立派な形をしていても 魂が無いのでは いけませんね。
 
 朝のお掃除は しっかりやっていこうと努めるところに とても大切な意味が あるような そんな気がいたしております。魂の無いお掃除ではなく 下手でも わずかでも しっかりした事をやっていこうという思いを 大切に感じてまいりました。それは きっとお掃除に限らず、自分の好きなお写経や写真撮りでも 何事におきましても 同じような事が言えるような気がいたします。
 わかっていても 人間ですから気が付いたら 怠けたくなります。時にはさぼりたくなります。ですので そのつど 自分の気持ちを立て直していかなければなりません。そしてわずかでも 行動で示さなければなりません。それこそが大切な事だと そう思うのです。それこそが 尊い事だと そう思うのです。
 



0 件のコメント:

コメントを投稿