Translate

2017年6月24日土曜日

楽しかった思い出話

 今朝は仕事休みの日です。母と一緒にお寺へお参りと菩提樹の花の香りを楽しむために 朝早くから起きまして お掃除などのすべきことを てきぱきとこなします。
雨も降りだしそうなお天気ですが、幸いお日様こそ出ていませんが、今の所、雨もありません。
さっそくに一緒に車に乗り込み 二人で雑談しながら お寺へと向かいます。
 
母は、外出する際は とてもよくおしゃべり致します。たいてい 昔を懐かしむ 楽しかった思い出話が 多くなります。今朝もご機嫌がいいようです。いつの間にか 私まで幼いころに 逆戻りしてまいります。
でも いざ、お山のお寺に着き お参りが始まりますと、真剣にお念仏を唱え始めます。信仰心の厚い人です。
 
 朝の涼しい山の空気と まだ人も少ない静かな時が お参りを さらに神聖なものに してくれます。静かに 静かにお参りの時間が 流れていきました。
お参りを済ませますと、あの菩提樹の木の下へと向かいます。先週のような強い香りこそありませんでしたが、花の下までまいりますと、ほのかに あの良い香りが してまいりました。
とても いい香りがいたしました。二人で その香りを楽しむことが出来き、母の笑顔を見ることが出来ましたので とてもありがたく感じました。
 
 母も もう年ですし、足や体の方も 達者ではありませんので なるべく自分が休みの際で 週に一度くらいは、近くへのドライブで 気分転換でもしてもらえたら いいなあと 思っています。
ほんのささやかな お寺参りですが 私たち二人には ありがたい場所であります。そしてまた 昔を懐かしむ場所でもあります。
帰りの 車の中でも ずーっと昔の 楽しかった家族の思い出話が いつのまにかまた、始まっていました。

 

0 件のコメント:

コメントを投稿